07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2007-03-24 (Sat)
以前の続きです。。。


父の手術の当日。(3月15日)

この日の事は、一生 鮮明に残ってると思う。。。

微熱がまだ出ているので自宅待機…。
午後、母からの電話。
妹が一緒に行ってるけど
母の不安な様子が目に見えるように伝わってきたので
『 行こう!! 』 と決意。

すぐに準備をし、フィリラブコンビに
お留守番をお願いして病院へ。。。

手術は6時間。
結局、1時間ほど遅れて手術は終了。
父はICUへ。。。

父に逢う前に、執刀医からの話を聞くために
カンファレンス室へ…。

まずは 父の腫瘍の事。
前頭葉のゴルフボール大の腫瘍を取り
すぐに病理検査に回したそうです。

結果は、悪性の脳腫瘍。
しかも、グレード4。。。
悪性の場合、脳に染み込むように広がるので
すべての切除は難しいとの事。
さらに、他に根を伸ばしている状態。

他に出来ていた腫瘍を取り去るには
脳を傷つけてしまうので 止めたそうです。

余命。。。聞いた瞬間。
ずっと良性だから…と信じていた心が壊れてしまいました。。。

涙が止まらなく、
全てが暗闇になってしまったようでした…

ICUで眠ってる父に会い
『 どうして? 』
『 どうしてなの? 』 
手に触れると 少し冷たくて…。

いくら悪い事をしても 決して手を上げなかった父を思い出し
『 きっと 今までの私が悪かったからなんだ。。。』
『 全ては私のせいなんだ…』

そんな事を考えて。。。

正直、よく事故を起こさずに帰って来れたな…って。。。


フィリラブにご飯を食べさせて
パパさんの食事を作り。。。
作ってる時に 気が付けば 涙を流している…。
顔を上げれば、フィリオっちが心配そうに見つめてる。。。
無理やり笑顔を作るけど 君には全てお見通しだね。

食事も喉を通らなくなり
『 でも、食べなきゃ…』 と無理に食べるんだけど
胃が受け付けなくなってしまい。。。
何か食べてなくちゃと お豆腐を半分だけ。。。

そんな日々が続きました。。。

だんだんと、『 私が変わりに…』 
そんな事まで考えていました。。。

真っ暗な日々…。
何も言わずに、ただ優しく寄り添ってくれるフィリオっち。
『 笑って~♪』 と、愛嬌を振りまくラブリン。。。

2人の笑顔に どれだけ励まされたか。。。


 




スポンサーサイト
Theme : 医療・病気・治療 * Genre : 心と身体 * Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (-) |

* by ビッケママは) ̄ε ̄( ブー
ホント、自分を責めないで!!
お父様は、ママしゃんがしてきた事、悪いことだなんて思ってないし、ママしゃんがお父様に代わることも望んでないよ。
自分を責めたり、ご飯をきちんと食べないと、倒れちゃうよ。。。
自分の事で、娘が苦しみ、涙することを望んでないよ。
いつまでも、いつでも幸せを望んでいるのが親だと思うよ。時に一方通行でも親は常に愛情を注いでいるんだから。。。
だから、ちゃんと食べて。。。
家族の存在って、本当に大きいよね。
この文章を、ここに書くだけで、ママしゃん、きっと泣いていると思う。でも、記憶って薄れたり、時にするから、ここに書いておきたい気持ち、良く分かる。
フィリラブコンビもママしゃんが泣いている事、同じように辛いんだね。。。
どんな状況でも、きちんと向き合って、愛情を注いでね。。。
私は今、祖母に対して、感謝もあるけれど、後悔もしているから。。。
フィリラブママしゃん、今は踏ん張り時。
かける言葉って、難しいけれど、なんとか頑張れ!!言葉きつくて、ごめんね。
ホント、ごめんね。。。

コメント







管理者にだけ表示を許可する